ネットで話題になってた冷房16℃で1時間運転を試したけどダメだった話

ネットで話題になっていたエアコンの匂いをとるやり方。窓を開けっ放しにして冷房の設定温度を最低温度で1時間運転し続けるというもの。発端はツイッターのツイートで各種ネットメディアが取り上げるまでになっていました。

「エアコンの嫌なニオイが完全に消えた」 “窓全開、16度で1時間つけっぱなし”で本当にニオイが取れる理由
自分で簡単にできる。

 

私の部屋に設置しているエアコンもカビ臭いがしてくるときがあります。普段の運転ではにおいはしないのですが、適温運転であまり冷気を出さなくなるととたんにエアコンの風がカビ臭くなるのです。

そこで匂いが消えるならと自分も試してみました。ちょっと電気代がもったいない気もしましたが、これでこの夏ずっと匂いがしなければ安いものだと考えることにしました。

もう20年以上使っているエアコンで冷房16℃の全力運転に耐えられるかも不安でしたがそれはなんとか大丈夫でした。

で、結果なんですが、ダメでした。

夕方になって部屋の内外温度差が近くなり適温運転になってくるとやっぱりあの匂いが・・・。湿度が高くてジメジメしている日は夕方になっても冷房をつけていたいのですが諦めるしかないようです。

リンク先での嫌な匂いがしなくなる原理を読むと、洗浄効果はあるようですし少しはエアコン内部が綺麗になったと思い込むことにします・・・。

この方法で匂いが取れた人もいるでしょうし、メーカーの方が勧める方法なら効果がある可能性も高いと思います。

あくまで設置から20年以上経っている私のエアコンの話ですのでそこのところはご了承ください。そういうエアコンもあるよという話でした。

コメント